京都の愛宕山、徳島の剣山では杉、檜を、また北海道旭川近辺では、カラマツを中心に植・育林しています。各々樹齢30〜50年に達し、CO2の吸収を通して微力ながら地球温暖化防止にも取組んでいます。